シャッターのトラブルを解消する会社|全国どこでも修理を請け負う

男の人

安く修理を行なう

シャッター

頑丈で構造もシンプルな設備であるシャッターは、長年使用し続けることができます。出入り口や窓などに取り付けることで、空き巣被害を防ぐことができるほか、外からの風雨から建物や車両を守ることもできるため、企業のビルや店舗だけでなく一般家庭でも利用されています。しかし、どれだけ頑丈な設備でも、ろくにメンテナンスもせずに放置していれば、必ずどこかに不具合が生じるようになります。シャッターも例外ではありません。劣化によりシャッターが降りなくなってしまうことや、収納する際に歪んでしまい、斜めに上がったまま動かなくなることもあります。こうした問題に対処する場合、シャッター修理を営む会社に任せる必要があります。作業員が迅速に不具合を起こしている箇所を見つけ、速やかに対処をしてくれるので、依頼してすぐに元通りの機能性を取り戻すことができるでしょう。

しかしながら、修理を依頼するとなると多くの人が懸念するのが、シャッターの修理費用でしょう。シャッターは高額な設備であるため、修理による価格も高額なものとなるのでは、と考えがちです。しかし、シャッター修理の会社では約12000円程度で修理を行なってくれます。シャッター本体の価格に比べれば非常に安いので、故障によって買い替えることに比べれば問題なく支払うことができるでしょう。また、修理会社は定期的なメンテナンスも行ないます。シャッターへの清掃や潤滑油の注入により、シャッターの状態を最適に保ってくれます。定期的に依頼すればトラブルも起こらなくなるため、トータルコストを考えれば費用の削減につながるでしょう。

サビの問題に対処する

作業服

シャッターの動作不良を招く症状の多くは、表面に現れるサビです。サビによってシャッターの構造が膨らみ、丸めた状態のまま動かなくなってしまうのです。修理を行なう会社は、サビを落とすクリーナーを使用し、すみずみまでサビを綺麗に落としてくれます。

詳細

電動によるトラブル

道具

静音性が高く評価され、多くの家庭で電動シャッターが導入されています。しかし、電動シャッターは手動のものとは違い、チリやホコリに弱いためトラブルも多く現れます。シャッター修理を行なう会社は、可動部やセンサー部の清掃を行なうことで、トラブルを解消してくれます。

詳細

いつでも依頼ができる

倉庫

シャッター修理を行なう会社は365日依頼を受け付けています。土日祝日でも依頼ができるので、すぐにシャッターの修理を依頼することができます。全国的に事業所を展開している会社なら、どの地域でも問題なく修理の依頼ができるでしょう。

詳細